Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010GPSアサインメント発表
2010年度のGPSのアサインメントが出ました。


ジョニーが何とフランスとカナダにエントリー!


出ると思えませんが(笑)


もしもジョニーがアマチュアを続けるとしたら、


1:GPSはスキップして、全米だけ出る

2:今年は全て試合に出ない


どっちかだと思います。

でも、引退しそうな気がしますけれど。。。。


まだまだジョニーの試合が見たいぞー!

2010 GPSスケジュール

22 - 24 Oct

Grand Prix of Figure Skating - NHK Trophy
Nagoya, Japan

29 - 31 Oct
Grand Prix of Figure Skating- Skate Canada
Kingston, Ontario, Canada

5 - 7 Nov
Grand Prix of Figure Skating - Cup of China
Beijing, China

12 - 14 Nov
Grand Prix of Figure Skating - Skate America
Portland, Oregon, USA

19 - 21 Nov
Grand Prix of Figure Skating - Cup of Russia
Moscow, Russia

26 - 28 Nov
Grand Prix of Figure Skating - Trophée Eric Bompard Cachemire
Paris, France

9 - 12 Dec

Grand Prix of Figure Skating Final
(Combined Juniors and Seniors)
Beijing, China


スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

真央ちゃん、おめでとう!!
おめでとう!!!!!

SPもFSも、ジャッジがどんな点数をつけようとも、あなたが一番



そして、安藤さん。

あなたもまた、ジャッジがどんな点数をつけようとも、私の中では今回のワールドのメダリストです。

フリー、感動して涙が出ました。

女神のように美しい姿をありがとう。

トリノオリンピックから四年、長かったような、短かったような。

綺麗な女性になりましたね

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

バンクーバー五輪:女子フィギュア感想
今の所の感想です。

ユナちゃん
フリップは抜けるかと思っていたんですが、跳ね除けましたね。初戦からGPFにかけて調子を落としていましたし、圧倒的な金メダル候補の前評判に、母国の期待を一身に背負い、激しいプレッシャーがありそうなんですが。積み重ねてきた練習と実績に支えられた自信を感じました。

彼女のFSは集大成のように見えました。多彩なプログラムを演じわける表現力は言うまでもなく、ハイスピードからの3Lz-3Tやイーグルからの2A-3Tをコンスタントに決める技術力の高さ。連続3回転も、今シーズンはより難度の高い3Lz-3Tに変えてきていますし。特に驚いたのが、ジャンプを振り付けの一部のように跳ぶ事。新採点対応力、表現力、技術力、精神力、プログラムの完成度の高さ。全てに感嘆しました。

しかし、高すぎる点数は感動を削ぎました。男子の不正採点疑惑もありますし、裏があると疑問が生じても仕方ないですよ--;SP78点、FS150点・・・。数年前に積極加点に採点基準が変わりましたし、新採点への対応を徹底すれば出てもおかしくない点数なんでしょうか。どうにも違和感があります。

真央ちゃん
彼女にとってはFSは悔いの残る演技になりました。完ぺき主義者の彼女の事、納得できる演技をする為に、今後も精進し、誰も見たことの無い地平を切り拓いていくと信じます。

SP・FS合わせて3回の3A成功は歴史的偉業なんですが、彼女の到達点はここじゃない。こんなレベルじゃないと思います。底力を、かえって感じました。

今後は3Lzのエッジ矯正やセカンド3Tの習得と、すべき事は沢山あると思うんですが、彼女の志向的に3A-3Tに挑んでいく気もします。どういう方向に行くにせよ、自分の理想に挑戦していけばいいと思います。ただ、新採点が求める方向とは、今まで違う方向に進化してきていたので、今後はどうするのかな。どういう方向であれ応援したいです。

彼女のSPでは、3Aの価値は、こんなに低くていいのか??と、新採点方式に疑問を抱きました。総合力でユナちゃんが上なのは納得できるのですが、あのSPで、どうして5点も点が離れるのか。新採点って一体・・・。

美姫ちゃん
SPで跳んだ3Lz-3Loの回転不足を取られたのが惜しかったです。他選手には認定が甘く思えたので、彼女も認定されるかと思ったんですが。厳しいですね。FSで3-3をやめたのは正しい判断だと思います。挑戦したSPと、クリーンなFS。どちらもいい演技でした。FSの笑顔が素敵でした。

ロシェ
リンクに立っているだけでも奇跡な彼女。母親が突然亡くなってから、わずか三日目にSP。五日目にFS。勇敢でした。
特にSPは感情がこもっていて、何度見ても泣けます。全体的な点数自体は出すぎかなと思いましたが・・・。

あっこちゃん
彼女のステップは見ていてワクワクします。SPもFSも多少のミスがあっても、それ以上の魅力があって惹きつけられます。初めてのオリンピック、大舞台経験も少ない中、よくぞ。8位入賞見事です!!これからも沢山の演技が観たい!!

他にもレイチェル・フラットさん、長洲未来さんと、いい演技が続出で、見ごたえがありました。二人とも溌剌としていて、勝気で爽やかでパワフルで。癒されました。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ご冥福をお祈りします
ジョアニー・ロシェットさんのお母様が、突然の心臓発作で、日曜の朝早く(※現地時間)にバンクーバーで亡くなられたそうです。

:::Rochette's mom dies in Vancouver hospital

:::Tragedy strikes Joannie Rochette

ご両親はロシェットさんの試合を観る為に、土曜に到着したばかりだったそうです。お父様がロシェットさんにお母様の死を伝えられたとの事です。

ロシェットさんは衝撃を受けながらも、競技に参加する意向を示しているそうです。

心からお悔やみ申し上げます。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

バンクーバー五輪:男子フィギュア感想
一晩あけて、今のところの率直な感想です。

プルシェンコさん

表彰式の時、プルシェンコさんが台にあがる時、解説の本田さんが、優勝したエヴァン君が台にあがる時でもなお、プルシェンコさんを称えるコメントを述べていました。

「彼はフィギュアスケートの未来の為に復帰したと言っていました。彼は今シーズン、4回転を100パーセントの確率で決めているんです。言葉どおりの事をしましたね」


うろ覚えですが、こういったこと言っていました。

4回転が評価されない現在の新採点方式を批判したプルシェンコさん。採点競技で、ルール批判・ジャッジ批判は不利になる。それをわかっていたと思います。3年ぶりの復帰。SP・FSを通して不調な事も伝わりました。過去の大きな怪我だって引きずっていたでしょう。フィギュアスケーターとしては高齢な彼です。世界中の期待を受けてのフリー最終滑走。信じられないようなプレッシャーでしょう。並べてみると不利なことだらけ。

それでも、自分の意見を述べ、SPもFSも4-3を決めて、言葉と演技で主張を通しました。

実は、私は、彼が復帰を決めた時、嫌でした。3年間、競技から離れていた人よりも、ずっと続けてきた選手に勝って欲しいのが人情。高橋大輔さんがインタビューで言っていたように「もうええやん」と(笑)。

でも、今回の試合を通して見て、すっかり、彼への見方が変わりました。

彼はバンクーバーのゴールドメダリストではないかもしれない。でも、彼はフィギュアスケートの王者に相応しいと。


エヴァン君

世界王者のプレッシャーに打ち勝ち、SP・FSを揃えました。大変な精神力。立派でした。しかし、SPは素晴らしかったが、FSはつまらなかった。メトロノームに合わせたラジオ体操みたい。

バンクーバーの結果を見て、非常にもやもやとしたものを感じるのですが、おそらく、それは、エヴァン君がクワド跳ばなかったとかどうとかいう4回転論争とは(少なくとも私には)関係がなかった。

単純に、彼の演技がつまらなくて、感動的でなかった。
チャンピオンとしての説得力がなかった。
これにつきると思います。


バトルさんがイエテボリワールドで優勝した時、彼はクワドはなかったけれど、すばらしい演技だと感動したし、チャンピオンに相応しい演技だったと、爽やかに思ったから。

※ちなみに、私は今回、エヴァン君をジョニーとジュベールさんの次くらいに応援していました。意外かもしれませんが、私はエヴァン君が好きです。でも、応援している人間ですら、演技最中につまらないと思っていたんだから、応援していない人間だったら、どうだったんだろうと疑問です。


ジョニー

彼はパトリック・チャンよりも上位にいくべきでした。

ジョニーは文句を言っていないし、演技後に点数の低さに出た観客のブーイングを諌めさえした。立派な態度です。

ファンも彼に見習うべき?

ジョニーのファンとして、ジョニーのSP・FSで見せた美しい演技を称えるにとどめ、不満は我慢した方が潔いのかも?

でも、私は、ジョニーのファンだけれど、フィギュアスケートのファンでもある。フィギュアスケートのファンとして、彼の順位には全く納得していません。

ジョニーのファンとしては、彼に見習う努力をします。

とにかく、彼の演技には満足です。誇りに思います。レベルの取りこぼしがどうとか、あそこがああだったらもっと・・・、とか、不思議と全然思いません。すべき事をし、ジョニーにしか出せない世界を魅せた。オリンピックに相応しい演技でした。世界中の人たちが、彼の良さに気づいてくれたら嬉しいです

かっこいいぞ、ジョニー!!


高橋さん

男の人にとって、「お前は男だ」という賞賛は最大の褒め言葉じゃないでしょうか(自分が男だったらそうだな。反対に「女」だとどうなんだと、微妙な言葉でもあるんですが)。
彼のクワドに挑んだ姿、「男だ!!」と思った人、きっと多いかと。
私もその一人です

絶対に挑むとわかっていたし、成功しないだろうとも思っていましたが、成功も失敗も越えて、「クワドを入れてこそのパーフェクト」という彼の信念は心を打ちます。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

Johnny!! I'm proud of you!!
お久しぶりです。

夏からネット環境が悪くなり、まったくブログアクセスできなくなっていました。

でも、NHK杯も、GPFも行きましたよ!!

どちらも、ジョニーが好きだと改めて思った試合でした。



オリンピック、男子が終わりました。

リアルタイムで見ていた時は、順位に納得が行かずに頭が白くなっていたのですが、少し落ち着いてきました。


ジョニー、あなたを誇りに思います!!!!

すべての感謝をあなたに!!!

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。