Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007GPS「ロシア杯」(3)FS結果&総合結果
ジョニーは二度目の3Aが乱れダウングレードを受けTESを大きく失ったが、それ以外はすべてのジャンプを決め、スピン、ステップも中国杯を上回るレベルを獲得。TES74.51点、PCS75.30点、合計149.81点を獲得しFSでトップに立った。総合でも229.96点を取り、ランビエールさんを押さえ、中国杯に続き優勝。今季グランプリシリーズ2勝をあげ合計30ポイントを獲得し、グランプリファイナル出場を手にした。

ジャンプ構成で、後半のコンボを3Lz-2Tから3Lz-2T-2Loへと変更しておりジャンプ構成の基礎点は中国杯よりも上になるはずだった。その上で、今回の課題はジャンプをすべて決めた上でレベルの取りこぼしを防ぐことだったと思われるが、3Aでダウングレードされ、基礎点4点と更にGOEでマイナス1.12点を受けたため、大きく点を失ってしまった。中国杯がジャンプへ集中していたのに比べると、ロシア杯では他要素にも意識を向けており、ジャンプや振付のちょっとした所にズレが出たように見えた(また、練習の時から、中国杯よりも集中が乱れているようにも感じた)。

今季の目標であるナショナルタイトルの奪還とワールド表彰台のためには、最終的なプログラムの目標設定は、もっと高いところにあると思われるが(クワドを入れた上でのクリーンな演技が最終的な目標だろう)、すべての要素をこなした上でクリーンに決めることの困難さを感じた。今はまだ、あっちを立てたら、こっちが立たず、な感じなのだろうか。

一方で、スピン、ステップでレベルを上げることには成功しており、二大会連続してSP・FSで安定した演技を披露することができた。中国杯でいい演技をしたことで、ロシア杯ではよりプレッシャーがかかっていたのではないかと思ったが、滑り出す直前の表情を見て、大きな失敗はしなさそうだとホッ。

ナショナル・ワールドに向けて、グランプリファイナルも通過点、調整の場、どういう形で最終目標に合わせていくのか。クワドは入れずにレベル取りをして演技の精度をあげていくのか、レベルは置いておいて、クワドを入れてジャンプに集中するのか。前者のような気がするが、どちらにせよ、うまく目標の時点にピークが来るよう調整していって欲しい。そして、とにかく病気と怪我に気をつけて!

プロトコルを含めロシア杯関連サイトや放映スケジュールなどはこちらのエントリー

◆フリー結果


1 Johnny WEIR USA 149.81 74.51 75.30 7.55 7.25 7.60 7.55 7.70 0.00 #11
2 Stephane LAMBIEL SUI 138.35 61.85 77.50 7.65 7.30 7.90 7.90 8.00 1.00 #12
3 Jeffrey BUTTLE CAN 136.61 66.21 71.40 7.00 6.95 7.15 7.25 7.35 1.00 #7
4 Takahiko KOZUKA JPN 135.33 74.83 60.50 6.65 5.75 5.90 6.00 5.95 0.00 #6
5 Andrei GRIAZEV RUS 135.18 69.68 65.50 6.85 6.35 6.55 6.45 6.55 0.00 #10
6 Kevin REYNOLDS CAN 127.23 74.03 53.20 5.50 5.10 5.30 5.40 5.30 0.00 #2
7 Alexander USPENSKI RUS 125.43 67.03 58.40 6.05 5.40 6.00 5.80 5.95 0.00 #5
8 Kristoffer BERNTSSON SWE 122.38 61.08 61.30 6.05 5.65 6.40 6.15 6.40 0.00 #3
9 Yannick PONSERO FRA 121.83 57.93 63.90 6.75 6.10 6.35 6.40 6.35 0.00 #9
10 Andrei LUTAI RUS 119.80 56.50 63.30 6.55 6.05 6.40 6.30 6.35 0.00 #8
11 Ming XU CHN 103.02 51.72 52.30 5.35 4.95 5.30 5.25 5.30 1.00 #1
12 Gregor URBAS SLO 92.72 38.52 54.20 5.60 5.15 5.45 5.45 5.45 0.00 #4

◆総合結果

1 Johnny WEIR USA 229.96 2 1
2 Stephane LAMBIEL SUI 218.84 1 2
3 Andrei GRIAZEV RUS 206.13 3 5
4 Jeffrey BUTTLE CAN 201.77 6 3
5 Takahiko KOZUKA JPN 199.98 7 4
6 Yannick PONSERO FRA 189.76 4 9
7 Alexander USPENSKI RUS 189.17 8 7
8 Kevin REYNOLDS CAN 186.69 11 6
9 Andrei LUTAI RUS 185.35 5 10
10 Kristoffer BERNTSSON SWE 182.46 10 8
11 Ming XU CHN 159.01 12 11
12 Gregor URBAS  SLO 155.62 9 12
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ズミエフスカヤさんのインタビュー記事
MBで紹介されていた11月24日付のロシアのズミエフスカヤさんのインタビュー記事を読みました(エンジェルさんの訳を参考にしつつ、ロシア語がわからないので自動翻訳に丸ごとつっこんでみました。ロシア語→英語はそこそこ意味の取れる文が出てきました)。

ちょっとホロっときちゃいました。

4月にズミエフスカヤさんの元を訪れたジョニーが「みんなは僕には才能があり、できると言ったけれど、僕はできないことがわかったんです」「僕はもうあまり若くないから、これが最後のチャンスなんです」と言ったとか。「最後のチャンス」という言葉を聞くと、感傷的になってしまいますね。

ズミエフスカヤさんは、問題はプリシラさんとジョニーがあまりに親しくて、プリシラさんがジョニーを甘やかしてしまい、厳しいトレーニングができなかったことだと感じているように思います。ジョニーは、ズミエフスカヤさんの要望に完全に応えて練習しているみたいです。

コーチをかえた際、自分を厳しくどやしてくれる人が必要なんだ、とジョニーがインタビューで話していました。また、コーチをかえた直後に、ズミエフスカヤさんが「鉄の女」と呼ばれているとか、非常に厳しい人だ、と海外の掲示板で読みました。やはり第二の母のような人とでは、厳しいトレーニングはできなくなるし、友人のアニシナさんも、昨シーズン、ジョニーをコントロールできなかったようなので(厳しく接しようとしてくれたみたいですが)、正しい決断だったと思います。

ズミエフスカヤさんを勧めてくれたのはアニシナさん。昨シーズンのジョニーの失敗は、初めてトップ男子スケーターのプログラムを振り付けたアニシナさんにとっても、歯がゆく残念だったことでしょう。「才能だけでは勝てない。努力が必要」と憤りも見せていたアニシナさん。シーズンが終わっても、更にアドバイスもしてくれて、友人として本当に色々と面倒を見てくれたのだと思います。ジョニーも周囲に助けられてますね。

- Как получилось, что он оказался в вашей группе, - поинтересовалась я у Змиевской.

- Я и сама не ожидала такого, - призналась тренер. - В апреле, когда все мои мысли были уже связаны с предстоящим отпуском, мне позвонила мама Вейра - попросила с ним встретиться. Джонни в то время выступал в Туре Коллинза и в один из свободных дней заявился ко мне. При разговоре присутствовали Витя Петренко и моя дочь Нина. Я спросила напрямую: "Зачем ты ко мне пришел? У нас ведь столько великих тренеров - как американских, так и русских. Рядом - Хакенсак, где работает Коля Морозов, многие другие". Он ответил: "Галина, мне все говорят, что я талантливый, что я многое могу, но получается, что я не могу ничего. Я иду к тебе, потому что так посоветовала Марина (олимпийская чемпионка в танцах Марина Анисина работала с Вейром в качестве хореографа в прошлом сезоне. - Прим. Б.В.). Она сказала, что ты - единственный человек, который способен вытащить меня из этого кризиса. Потому что ты будешь меня толкать, заставлять, и, возможно, из этого что-то получится. Я ведь уже не очень молодой, и это - мой последний шанс".

Я сказала тогда: "Запиши в своем контракте первым пунктом, что ты пришел ко мне для того, чтобы тебя толкали и заставляли".

- Его действительно приходится заставлять работать?

- Нет. Вейр - само трудолюбие. Он по-настоящему одержим желанием кататься. Естественно, в работе с любым спортсменом столь высокого класса есть проблемы, но я, если честно, пока этих проблем не чувствую. На тренировках Вейр выполняет абсолютно все мои требования, хотя поначалу я видела, что ему сложно. Он - своеобразный фигурист, как все талантливые люди. Привык работать, ориентируясь на свои внутренние ощущения, не очень поддается дисциплине. Присцилла Хилл, у которой Джонни катался много лет, была для него, как вторая мама. За все время работы со мной он ни разу не сказал в ее адрес ни одного слова упрека - только хорошее. Видимо, проблема их отношений заключалась лишь в том, что Присцилла излишне мягко к нему относилась. Я же счастлива, что мне выпала возможность поработать с таким спортсменом...

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2007GPS「ロシア杯」(2)SP結果&FS滑走順
ジョニーはジャンプをすべてきめ、TES43.30点、PCS36.85点、合計80.15点を出し、2006年トリノオリンピック以来のプライベートベストを更新。ステファン・ランビエールさんに続いて僅差で2位の順位につけた。FSの滑走順は最終グループ5番目。

ロシア杯関連サイトや大会スケジュール、放映スケジュールなどはこちらのエントリーにて。

SP結果

1 Stephane LAMBIEL SUI 80.49 41.84 38.65 7.75 7.40 7.90 7.75 7.85 0.00 #12
2 Johnny WEIR USA 80.15 43.30 36.85 7.35 7.15 7.45 7.35 7.55 0.00 #10
3 Andrei GRIAZEV RUS 70.95 39.20 31.75 6.35 6.05 6.45 6.40 6.50 0.00 #2
4 Yannick PONSERO FRA 67.93 37.38 31.55 6.65 6.05 6.35 6.20 6.30 1.00 #9
5 Andrei LUTAI RUS 65.55 35.50 30.05 6.10 5.75 6.10 6.10 6.00 0.00 #4
6 Jeffrey BUTTLE CAN 65.16 30.06 35.10 7.05 6.80 6.95 7.05 7.25 0.00 #11
7 Takahiko KOZUKA JPN 64.65 33.70 30.95 6.40 5.95 6.25 6.25 6.10 0.00 #7
8 Alexander USPENSKI RUS 63.74 34.54 29.20 6.00 5.45 5.75 5.95 6.05 0.00 #6
9 Gregor URBAS SLO 62.90 36.10 26.80 5.75 5.05 5.40 5.35 5.25 0.00 #5
10 Kristoffer BERNTSSON SWE 60.08 31.28 28.80 5.70 5.50 5.75 5.95 5.90 0.00 #3
11 Kevin REYNOLDS CAN 59.46 32.96 27.50 5.60 5.30 5.55 5.60 5.45 1.00 #8
12 Ming XU CHN 55.99 29.04 26.95 5.50 5.15 5.45 5.40 5.45 0.00 #1

FS滑走順

Warm-Up Group 1
1 Ming XU CHN 12 55.99
2 Kevin REYNOLDS CAN 11 59.46
3 Kristoffer BERNTSSON SWE 10 60.08
4 Gregor URBAS SLO 9 62.90
5 Alexander USPENSKI RUS 8 63.74
6 Takahiko KOZUKA JPN 7 64.65

Warm-Up Group 2
7 Jeffrey BUTTLE CAN 6 65.16
8 Andrei LUTAI RUS 5 65.55
9 Yannick PONSERO FRA 4 67.93
10 Andrei GRIAZEV RUS 3 70.95
11 Johnny WEIR USA 2 80.15
12 Stephane LAMBIEL SUI 1 80.49

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

観戦レポ:2007GPS中国杯(4)FS
三度目のサプライズに気づいたのは、エヴァン君の演技が終わった後だった。

ジョニーのFS本番。まるで練習を見ているかのようだと思った。確信を持ったジャンプは安定していて、絶対に失敗しそうにない。離氷する前から既に重心が安定していて、ジョニーは体を落ち着いてコントロールしていた。慎重で確実。公式練習や6分練習の続きで、ジャンプの練習をしているかのように思えた。そして、すべての演技が終わった後、ジョニーが氷をガツガツと蹴る!一瞬だけ、炎が吹き出るようだった。今まで押さえていたものが漏れ出すような、ジョニーの本性はこちらなのだと思わせるような、一瞬の咆哮の噴出。

それでも、私はエヴァン君が勝つと思っていた。彼は、スケートアメリカで2位だった雪辱を晴らしたいだろうし、グランプリシリーズも2戦目で準備はできているはず。現地で、エヴァン君は病気だと聞いたが、練習ではそのようには見えない動きをしていた。きっと、気持ちの強さで病気にも勝てる、と思っていた。

しかし、ジョニーの結果が出て興奮する観客の前に出てきたエヴァン君は表情が優れない。長身の体が小さ縮んでいて、余裕が見えない。ジョニーの結果や会場の雰囲気に気圧されているかのようだった。そして、その感想が当たるかのように、序盤のジャンプが失敗する。それでも立て直し、中盤、後半は決めていく。「やっぱり、エヴァン君はこういうところが凄い」と、ジョニーもこういうところを見習えるといいよね、とのんびりと思う私。

演技が終わった後、やっぱり、ジョニー今回は2位かな、でも、もう既に収穫はあったから、それでいい、と思っていたのに。

エヴァン君は、演技が始まる前より表情が優れない。気を落としていた。まるで、もう負けたと悟っているみたいに。「なんで?」不思議だった。でも、キスクラでも暗く沈み込んだ姿に、期待の芽が出た。


もしかして?



そして、エヴァン君の点数が出る。
とっさに計算できないものの、僅差でジョニーが上回るのではないかと思えた。


もしかして?


ここまでくると、気持ちはヒートアップ。


こうなったら、優勝して欲しい!


ここまできたら!



最終結果が出た後は、もう頭が真っ白であまり覚えてない。


現金なもので、今回は2位がベスト、と思っていたのに、優勝したらしたで嬉しい。しかも、凄く。ジョニー・ウィアーの底力を見た思いだった。努力をすれば、ちゃんと上がっていける、そういう力を持っている人。それはとても嬉しかったし、この勝利で、ますます自分の練習に自信を持ち、ズミエフスカヤさんとの信頼関係も深まればいい。

もちろん、課題もある。

プロトコルを見たら、PBの点数の正体は、ジャンプへの加点が主なもの。ジャンプもこなしつつ、レベルを取る、という段階にはまだいってない。振付けも、手の動きは美しいが、足下はさほど動いていない。8つのジャンプパスをすべて使い切ったが、コンボは3-3と3-2だった。クワドを入れるという課題も、レベルを取り点数を積み上げる、という課題も残っている。プレッシャーに弱いという課題も、まだ克服できているのかはわからない。たくさんの課題があるけれど、一つ一つ解決していければ。

ズミエフスカヤさんがどんな課題をロシア杯では与えているのか、今後、ナショナル、ワールドに向けてどんな戦略を持っているのか、そしてジョニーがそれにどこまで従えるか。今シーズンはとても楽しみ。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

観戦レポ:2007GPS中国杯(3)FS公式練習
FSの当日は、現実感がなくて、夢の中にいるみたいに、あっという間だった。公式練習で、念願のフリーを初めて目にした時、あったのは安堵感。

曲かけの練習が始まり、最初の大きく手を広げるポーズをした時に、これが様になっていたのだ。ジャンプを抜かしたランスルー。ただ滑っているだけの時が多かったが、それでも音楽も振付けもジョニーに合っている。音に合った手の動きが綺麗なプログラム。ペチュコフさんはジョニーの良いところを知っているし、そこを強調してくる。「Fallen Angels」で使われた楽曲がラストにかかると、その流れに毛が逆立つようだった。ジョニーの成功したトリオのプログラムの楽曲、これがラストにくるのは、終盤に向かって勇気が出る音楽構成ではないだろうか。

全体としては軽く流した練習で、ほとんどジャンプはしていなかったが、調子は良さそうだった。もう既に練習を重ねているので、本番前には流れを確認すればいい、というように見える。ワールドの練習の時、蒼白な顔をしてリンクの周辺を回っていたジョニー・ウィアーはそこにはいなかった。クワドはSP・FS当日とも一度も練習で跳ばず、クリーンにジャンプを決めることが今回の課題なのだとわかった。

練習から立ち去る時、観客に向かって大きく手を広げてお辞儀。しかし、その後、ズミエフスカヤさんから指導を受け、振付けの確認をしていた。プリシラさんの時には見られなかった光景。ズミエフスカヤさんは細かく指示を出し、ジョニーはそれに素直に従う。確認が終わった後、ジョニーはズミエフスカヤさんに手を広げて大きく腰をかがめてお辞儀。これはプリシラさんの時にもしていたジョニーおなじみの光景。

さて、昨日のSPを見て、私は、もう十分だと思っていた。もう既に、ズミエフスカヤさんとの関係がうまくいっていることも、練習をジョニーが十分にしていることも、その成果が既に現れていることもわかった。だから、フリーがどうなれ、今季は昨シーズンのようにはいかない。大丈夫、と。

むしろ、エヴァン君に負けた方が、ジョニーにとっては、今後の練習にも力が入り、一方でエヴァン君は勝利に安堵しどこかで油断することにもなり、ジョニーにとって理想的だと思っていた。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

観戦レポ:2007GPS中国杯(2)SP当日
ハルビンに着いたのは9日の朝。モヤがかかった駅前で、タクシーに乗って開発区へと向かう。経済開発区は高層ビルが建ち並び、道路は広大。「中国」のイメージとはほど遠い。

そのほど遠さが、いずれ、ジョニーの優勝に現実感が沸かない原因にもになるのだが、タクシーに乗っている時は全くそんなことは予想していなかった。

今回の大会、FSはひどく心配だった。心配すぎて、日米の後に急遽中国杯に来ることにしたくらいに!でもSPの心配はしていなかった。日米対抗で私はかなり安心していたから。ジョニーにとって無理のない振付けで、彼の心理的負担にはならなさそう。結果も良くて、苦手意識も持たないですむだろう。ジョニーは見ていると、最初に苦手意識を持ったプログラムは、シーズンを通して最後まで苦手なままのようだった。PCSの低さとレベルの取れていない点は不安だったが、「キング・オブ・チェス」のように、シーズンを通して出来が下がっていく、ということはないだろう、と。

しかし、しかし、世の中そんなに甘くない。その安心していたSPの練習で、ハルビンでもっとも不安にかられるはめに。

ホテルで韓国のジョニーファンと再会し、会場に向かった私は、うきうきしていた。

明日はフリーを初めて見ることができる!

心配もあったが、新しいプログラムを見られる楽しみで気分は高揚。SPの公式練習も、そんなに緊張することはないはず!会場に向かう途中、エヴァン君やランビエールさん、ジョニーの姿を見かけたが、ジョニーだけが中国人に声をかけられている姿を見て、のんきに「ジョニーって中国でも人気があるんだなぁ」と感心していた。

さて、公式練習の会場は、ほとんど観衆がおらず、ガランガランだった。入り口がわかりづらかったからだろう。だから、FSでは入り口に気づいて人が増える、かと思ったら、ますますガランガランになっていた。よくわらない国、中国・・・(笑)。

緑の練習着を着たジョニーは、リンク脇でウォーミングアップをしていた。そばにはズミエフスカヤさんがいる。いったん引っ込んでからリンクに出てきた時には、既に衣装に着替えていた。滑り出す。想像以上にスピードがある。ビデオを回すのが追いつかない。スケーティングは磨きがかかっているように見える。しかし、ジャンプが決まらない。3-3の軸が大きくぶれる。3Aがシングルになる。「ナザレ」で繰り広げられた恐怖が蘇る。一方でジョニーが8日の練習ではクワドも決め絶好調だったことも聞いた。しかし、自分が目にしたジャンプの印象が強すぎて、不安がなかなか晴れない・・・。

怖い・・・。怖い・・・。怖いよ~~!

恐怖のSP当日。こんな思いをするとは。

しかし、二度目のサプライズ。

SPの第二グループ、6分練習で出てきたジョニーは、もう公式練習のジョニーではなかった。エッジに体重がきちんと乗っている。安定していて、更にスピードも出ている。ジャンプも軸が絞れている。本番には調子を整えている姿に、トップスケーターの一人なのだと感心した。

ジョニーの滑走は四番目。リンク脇に出てくると、「ジョニー」「ジョニー・ウィアー」と観客席から囁き声があちらこちらから漏れ出した。スタンドから乗り出す人々。一番の注目度にびっくり。

SPの結果はもちろん、皆さんご存じの通り。

中国杯の動画をアップロードしているので、そちらでジョニーの動きを確認しながら感想を読んでもらえると、なお、雰囲気が思い浮かべやすいと思う。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2007GPS「ロシア杯」関連情報一覧&男子SP滑走順など
2007年グランプリシリーズ「ロシア杯(Cup of Russia)」の情報一覧。放映スケジュール、関連サイト、男子SP滑走順など。

◆開催地

モスクワ、ロシア

◆開催日

2007年11月22日~11月25日(日本時間:23日~)

◆関連サイト一覧

ISUリザルトページ
ロシア杯公式サイト
エントリー選手一覧
Ice Network

大会スケジュール

Thursday, November 22
First official practice 10:30
Team Leader’s Meeting 16:00 – 17:00
Referees Meeting 17:00 – 18:00
Judges’ Meeting 18:00 – 19:00
Draw for all Disciplines 20:00

Friday, November 23
Compulsory dance 15:00 – 16:00
Opening Ceremony 16:30 – 17:00
Ladies, Short Program 17:15 – 18:50
Pairs, Short Program 19:10 – 20:15
Men, Short Program 20:35 – 22:10

Saturday, November 24
Ladies, Free Skating 14:30 – 16:20
Original Dance 16:40 – 18:00
Pairs, Free Skating 18:15 – 19:30
Men, Free Skating 19:50 – 21:50

Sunday, November 25

Free Dance 12:00 – 13:30
Award Ceremony 16:00 – 16:45
Exhibitions 17:00 – 19:15


※時差:日本よりマイナス6時間
上記の大会スケジュールに6時間を足したものが日本時間です。
男子SPは日本では24日の夜中から早朝
男子FSは25日の夜中から早朝です。

◆ジョニーのロシア関連サイト

ジョニーのロシアファンサイト
ジョニーのロシアファンサイトその2

◆男子SPの滑走順

今季から世界ランク順に滑るショートプログラム。ジョニーは最終グループ四番目の滑走です。

Warm-Up Group 1

1 Ming XU CHN
2 Andrei GRIAZEV RUS
3 Kristoffer BERNTSSON SWE
4 Andrei LUTAI RUS
5 Gregor URBAS SLO
6 Alexander USPENSKI RUS

Warm-Up Group 2

7 Takahiko KOZUKA JPN
8 Kevin REYNOLDS CAN
9 Yannick PONSERO FRA
10 Johnny WEIR USA
11 Jeffrey BUTTLE CAN
12 Stephane LAMBIEL SUI


◆放映予定リスト

「フィギュアスケート グランプリシリーズ 世界一決定戦 2007 ロシア大会」

テレビ朝日
11/25(日)14:00~15:25

BS朝日
11/23(金)23:00~25:00:女子ショート
11/24(土)14:00~15:30:男子ショート
20:30~22:30:女子フリー
11/25(日)15:30~17:00:男子フリー

CSテレ朝チャンネル
12/01 14:00-16:00【女子ショート】
12/01 23:00-25:00【男子ショート】
12/02 14:00-16:00【女子フリー】
12/02 22:00-24:00【男子フリー】
12/12 5:00-7:00【エキシビション】

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

観戦レポ:2007GPS中国杯(1)表彰式
中国杯の表彰式の動画をUPしたので、ついでに、SP・FSの感想に先駆けてここで表彰式レポも。

怖かった(笑)。UPした動画には全ては写っていないが、見ていて三度くらい室温の低下を感じた。ジョニーがエヴァン君と握手した時なんて一種のサスペンスだった(笑)。エヴァン君はずっと暗く強張った表情をしていて、ジョニーに歩み寄っていく時も、本当に握手するのだろうかとヒヤヒヤするような雰囲気。ジョニーも形容しがたい表情で、どこかぎこちない笑顔。それが、ランビエールさんと握手した時には、パッと自然な笑顔を浮かべていて、そこまでエヴァン君は心理的に異なる相手なのかと対比が激しかった。ランビエールさんも試合だけでなく練習の時から終始疲れた落ち込んだ様子だったが、あれがあれでどうな感じなので、この表彰式の(私的)癒し系ポジションに。

この表彰式の始まる前から最後まで、あまりの空気の緊迫した怖さによく覚えていて、鮮やかに思い出せる(笑)。表彰式直前にベルビンさんとアゴストさんがジョニーに祝福のハグをしに行った時も、ジョニーは笑顔で応じていても、離れた左側にうなだれて暗いオーラを発するエヴァン君が座っているものだから・・・見ていて緊張してしまった。室温が下がってツララが降ってきそう。

FSの演技から表彰式まで、エヴァン君にとってジョニーは負けたくない相手なのだということが、よく伝わる姿を見せていた。特定の相手のことは考えない、とインタビューで語っていたエヴァン君だが、結局、そう言いながらもジョニーのことを意識しているのだなぁ、と、FSの演技の時から表彰式の時も、見ていて思った。もちろん、ジョニーも最大のライバルはエヴァン君だと思っているだろう(私はそれは止めて欲しいのだけれど)。

さて、私はプレ全米はジョニーはエヴァン君に負けておいた方が、後々勝ちやすくなると思っていたのだが、この結果がどう転ぶのだろうか。

台の上でアメリカ国歌が流れたときは、二人とも胸に手をあてていたが、ベルビンさんとアゴストさんが表彰された際に国歌が流れていた時も、二人はリンク脇で胸に手をあてていた。NHK杯ではお茶目に国歌を歌い上げる真似をしていたジョニー、今はその時よりも、アメリカを代表するフィギュアスケーターなのだという意識もきっと強いだろう。

FSでは喜びを大きく表していたジョニーだが、表彰式を迎える頃には、既に冷静で落ち着いた雰囲気だった。しかし、国旗が掲揚され国歌が流れた時は、嬉しさが目に宿っていた。

表彰式後、ジョニーがウィニングランした後は、リンク脇でマスコミ相手に三人で記念撮影。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

中国杯の動画をUP
中国杯の動画をアップロード。公式練習や6分練習、表彰式などの動画です。

▼SPウォームアップ。

2007 CoC SP warm-up practice.MOV (37.05 MB)
http://www.megaupload.com/?d=61XQS2L3

▼SPを滑り出す直前。

2007 CoC just before SP.MOV (45.79 MB)
http://www.megaupload.com/?d=9L5WXR0H

▼FS公式練習。音をかけてのランスルー。

ランスルー、あんまり何もしてませんが、調子は良かったです。

2007 CoC FS official practice1.MOV (121.87 MB)
http://www.megaupload.com/?d=L9F9UMN6

こちらはラストのステップからスピン。

2007 CoC FS official practice2.MOV (58.99 MB)
http://www.megaupload.com/?d=H1Y0A8VR

▼FSウォームアップ。

2007 CoC FS warm-up practice.MOV (41.8 MB)
http://www.megaupload.com/?d=B0FFU86B

2007 CoC FS warm-up practice2.MOV (11.29 MB)
http://www.megaupload.com/?d=0KYGRUQL

▼FS滑り出す直前。

2007 CoC just before FS.MOV (15.23 MB)
http://www.megaupload.com/?d=7H9SJT9U

▼表彰式の直前。

2007 CoC podium1.MOV (16.08 MB)
http://www.megaupload.com/?d=PD30YXOX

▼表彰式でリンクに出たところ。

アイラブユー!と叫んでいるのは私ではないですよ(笑)

2007 CoC podium2.MOV (43.83 MB)
http://www.megaupload.com/?d=T1GE4ZAC

▼表彰式。

怖いです(笑)。怖さを思い出しついでに、表彰式の感想も別エントリーでSPとFSに先駆けてUP

2007 CoC podium3.MOV (191 MB)
http://www.megaupload.com/?d=DAIB6PP0

▼EXの公式練習。音かけランスルー。

2007 CoC EX official practice.MOV (199.7 MB)
http://www.megaupload.com/?d=73FQJB0L

▼EX最後の最後。花輪を一人だけグルグルとかぶっています。

2007 EX finale.MOV (48.6 MB)
http://www.megaupload.com/?d=U998D0IJ

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

中国杯の写真(2)SP・FS・EXの専用アルバムをUP
2007グランプリシリーズ中国杯の写真、Yahoo!フォトに専用のアルバムを作りました。

ジョニーと、ちょこっとだけ他の写真の選手です。公開設定にしているので、誰でも見られるはずだけれど、見られなかったらrinoまで連絡してちょ。

動画は後でUPします。

SP1.jpg

SPの6分練習直前、リンク脇で入るのを待つジョニーとエヴァン君(クリックすると大きくなります)。プレ全米。凍りつくほどに怖い雰囲気、かと思いきや、そうでもなく、表彰式のほうが怖かった。

FS9.jpg

最終結果が出た瞬間!

podium8-.jpg

表彰式後リンク脇で記念撮影。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

中国杯の写真(1)ジョニー・ウィアー
中国杯のジョニーの写真をUPしていきます。
まずは一個め。

17日の夜に帰国した私はFSUなどを見て、妄想でないことにほっとしました。安堵したのか旅の疲れか、ずぶずぶと睡魔に呑まれていく・・・。

そして、目覚めて意気揚揚とデジカメフォルダを覗いたら!!

ジョニーの顔が薄い・・・じゃなくてブレてる、っていうか見えない。

何でこんなに画質が荒いの??

そして気づいたのです。
デジカメの設定を間違えていて、低画質で撮影していたことに!

帰国してから!遅いよ!10日間も旅行してたくせに><

写真を撮りながら、確かに思ったことがあったのです。

このデジカメ、なんでこんなにメモリー持つんだろう。

動画も撮っているのになぁ。不思議だなぁ。私の日ごろの行いがいいからかなぁ。うふ。


バカ!



ジョニー


ジョニー


ジョニー


というわけで、画質は悪いけれど、多少はましなものをUPしていきます。楽しんでくれたら嬉しいです

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ジョニーの情報ちょこっと
FSUやMBやUSFSAなどをようやっと見ました!

妄想じゃなかった!

共同妄想でもなかった!

嬉しい><



さてさて、向こうで撮った写真や動画をどこにUPすればいいのか今探しているところなので、とりあえずジョニーの情報を。

ジョニーは中国杯の後、すぐにロシアに行きました。ズミエフスカヤさんの友人のリンクで練習をするとのことです。理由は、時差ぼけがとても恐ろしいからだそう。パティママさんに伺いました。

デイヴィッドさんとジェームズさんの、ご存じ(?)DVDチームは、中国杯も同行。ちゃんとお仕事していました。新しいDVDを作るのか、テレビ番組に売る用に撮っているのか、そこはまだ不明のようです。そして、日本で販売されたDVD、再販は難しいそうです。こちらは、また聞きです。メールで問い合わせた方も、難しいと言われたと仰っていたので、厳しそうです。

そして、一緒にいた子達と話していたのですが、ジョニーの友人のザレツスキー兄妹のお兄さん、彼は、ジョニーともパティさんとも本当に仲が良くて、写真より、ずーっっと!!かっこよかった!(He is cute!と連発していました笑)ジョニーを守るようにエスコートしていた姿が印象的で、パティさんとは母と息子のようでした。そして、ジョニーは、妹さんとはEXの練習の時には、一緒にちょびっとアイスダンスしていました。可愛らしい姿!写真を撮ったので、UPできる場所が見つかったら載っけておきます。

日本では、ジョニーのファンの皆さん達は、どんな想いで見守っていたのだろう、と、中国でよく思いました。現地にいると、フィギュアスケートの番組もニュースも見られなかったので、生であるがゆえに、逆に現実感がなく、夢の中のいるかのような、ふわふわと不思議な感じ。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

まだ日本に着かない!
ジョニーが優勝したのは幻??

未だに何を言っているの??という感じかもしれませんが、私はまだ実感がありません。ロシア杯が近づいているということも・・・。

何せ、まだ北京。FSUもMBもUSFSAも、なーんにも見られていないのです。日本を発ってからこちら、ネットが繋がらず、フィギュアスケート情報から断絶状態。噂話で聞こえてくるばかりです・・・。

今は北京の空港にいるのですが、もう日本に着いているはずだったのですが、なぜかまだ北京・・・。右を見ても北京、左を見ても北京、目をこすっても北京・・・。

ノースウエスト航空が欠航したため、振り替え便を利用することになり、空港に足止めを食らっています。

ハルビンの会場でジョニーが優勝したのを目にした時は、エキサイトして頭が真っ白になるくらい喜んだのですが、そのひと時の興奮がさるや・・・今の妄想??私の妄想??夢見てた?

と、不安に・・・。同行していた方たちに何度も「妄想?」と聞いてしまいました。ハルビンでお友達になれた方と北京で再会した後も、やっぱり「妄想?」と聞く始末。

一緒に見たから妄想じゃないよ!

と言ってもらっているから、安心しているけれど・・・

何せ、共同妄想の可能性もあるので、気が抜けません。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

GPS2007「中国杯」関連サイト&放映スケジュール一覧
中国杯を見てきます!

今日から北京に行き、少し観光した後にハルビンに行きます。9日の試合(男子SPのある日)から11日のエキシビションまで見てきます。中国杯が終わった後は、万里の長城などを見てきて17日に帰国します。

新しいFSが見たくて!テレビの前でドキドキしているよりは、現地でドキドキしている方がマシ!と・・・行くことにしました~。ハルビンで韓国や中国のジョニーファンと会うことになっているので、とても楽しみです

中国杯(Cup of China)の関連リストをぺたり。

◆中国杯


開催:11/8~11/11
場所:中国ハルビン

◆中国杯関連サイトリスト


公式サイト
タイムスケジュール
エントリー選手一覧
Ice Network

◆放映予定リスト

「フィギュアスケート グランプリシリーズ 世界一決定戦 2007 中国大会」

テレビ朝日
11/10(土)19:00~19:57

BS朝日
11/8(木)24:00~25:30:女子ショート
11/10(土)14:00~15:30:男子ショート
20:00~21:00:女子フリー
11/11(日)14:00~16:50:女子フリー・男子フリー

CSテレ朝チャンネル
11/16 25:00-26:30【女子ショート】
11/17 26:00-27:30【男子ショート】
11/18 13:00-15:00【女子フリー】
11/18 27:00-29:00【男子フリー】
11/28 5:00-7:00【エキシビション】

Entries *男子エントリー選手一覧

Sergei DAVYDOV
Shawn SAWYER
Chengjiang LI
Jialiang WU
Ming XU
Karel ZELENKA
Ryo SHIBATA
Alexander USPENSKI
Stephane LAMBIEL
Jamal OTHMAN
Evan LYSACEK
Johnny WEIR

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

11月の「HOT THINGS」更新&ジョニーの今後の予定
公式サイトで11月のHot Thingsが更新。

ジョニーの動きが表に出るのは、10月のロシアのショー以来!

ジョニーの今後の予定ですが、11月6日には中国で非公式練習、7日から公式練習が始まります。9日に男子SP、10日に男子FSが予定されています。また、中国杯の後は、ロシア杯まで、アメリカに帰国しないで調整するようです。

hot things for november 2007

Song
"Danse mon Esmeralde" - Garou

Music Video
"Tears Dry On Their Own"
- Amy Winehouse

Movie
"A Mighty Heart"

TV Show
Ugly Betty

Fashion Statement
Dapper

Designer
John Galliano

Food
Honey

Drink
Chocolate Milk

Celebrity
Dima Bilan

Object of Desire
Sable Coat

Skin Product
Sugar Lip Treatment

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

GPS2007「スケートカナダ」FS結果
全試合が終わりプロトコルが出ています。

落ち着いた実況と解説、大げさな煽り・演出が全くないBS朝日の男子フリー放送は、スケートアメリカに続き全選手を放映してくれました。演技とキスクラを流しているだけ。スケートファンにとって素晴らしい放送

BS環境の無い方はぜひ!導入を!

ジョニーの出場する中国杯も、男子は地上波では放映されない可能性が高いので、ますますBS環境が必要になりそうです(CSだとエキシ放映もあり)。

※テレビ朝日地上波の中国杯放映予定は、11月10日(土)7時~7時57分!女子SPもFSもCMも入れて57分です。

放映予定関連エントリー

女子は、SPでレピストさんが意外な1位だったものの、FSでは上位選手が前評判通りの演技で順当な結果。男子は、フリーでジュベールさんがやや崩れたものの、結果としては予想通りの優勝。ケヴィンさんが高いTESを獲得しフリーで1位となり、総合2位に食い込みました。

◆男子総合

1 Brian JOUBERT FRA 213.62 1 2
2 Kevin VAN DER PERREN BEL 202.55 5 1
3 Jeffrey BUTTLE CAN 198.77 3 3

4 Christopher MABEE CAN 192.20 4 5
5 Vaughn CHIPEUR CAN 187.41 6 6
6 Yannick PONSERO FRA 178.18 2 10
7 Pavel KASKA CZE 172.90 7 8
8 Jeremy ABBOTT USA 171.06 11 4
9 Scott SMITH USA 169.97 8 9
10 Jamal OTHMAN SUI 166.96 9 7
11 Jialiang WU CHN 153.45 10 11
12 Geoffry VARNER USA 134.54 12 12

◆男子FS

1 Kevin VAN DER PERREN BEL 136.44 74.54 61.90 6.55 6.00 6.20 6.15 6.05 0.00 8
2 Brian JOUBERT FRA 135.57 64.47 72.10 7.50 6.95 7.15 7.30 7.15 1.00 12
3 Jeffrey BUTTLE CAN 131.92 60.92 72.00 7.25 7.05 7.05 7.25 7.40 1.00 10

4 Jeremy ABBOTT USA 126.31 70.31 58.00 6.05 5.55 5.80 5.80 5.80 2.00 2
5 Christopher MABEE CAN 125.70 60.80 64.90 6.50 6.30 6.55 6.50 6.60 0.00 9
6 Vaughn CHIPEUR CAN 121.76 62.16 59.60 6.35 5.65 6.00 6.00 5.80 0.00 7
7 Jamal OTHMAN SUI 115.85 62.25 54.60 5.60 5.25 5.55 5.55 5.35 1.00 4
8 Pavel KASKA CZE 115.47 61.47 54.00 5.75 5.15 5.50 5.35 5.25 0.00 6
9 Scott SMITH USA 113.88 57.68 56.20 5.80 5.50 5.60 5.60 5.60 0.00 5
10 Yannick PONSERO FRA 111.09 50.49 61.60 6.55 6.00 6.10 6.20 5.95 1.00 11
11 Jialiang WU CHN 105.94 58.34 48.60 5.40 4.45 4.95 4.90 4.60 1.00 3
12 Geoffry VARNER USA 92.09 43.69 48.40 5.20 4.65 4.75 4.90 4.70 0.00 1

◆女子総合

1 Mao ASADA JPN 177.66 3 1
2 Yukari NAKANO JPN 169.43 4 2
3 Joannie ROCHETTE CAN 168.18 5 3

4 Emily HUGHES USA 162.42 2 4
5 Ashley WAGNER USA 150.06 8 5
6 Nana TAKEDA JPN 148.05 6 6
7 Laura LEPISTO FIN 147.69 1 9
8 Elena GLEBOVA EST 145.69 7 7
9 Lesley HAWKER CAN 136.55 9 8
10 Cynthia PHANEUF CAN 129.17 10 10
11 Alisa DREI FIN 123.90 11 12
12 Idora HEGEL CRO 120.32 12 11

◆女子FS

1 Mao ASADA JPN 119.58 61.74 57.84 7.45 6.90 7.25 7.30 7.25 0.00 10
2 Yukari NAKANO JPN 113.49 62.53 50.96 6.60 6.20 6.35 6.35 6.35 0.00 9
3 Joannie ROCHETTE CAN 112.70 59.98 52.72 6.65 6.20 6.60 6.65 6.85 0.00 8

4 Emily HUGHES USA 103.70 52.74 50.96 6.45 6.05 6.50 6.45 6.40 0.00 11
5 Ashley WAGNER USA 99.20 54.80 44.40 5.75 5.45 5.60 5.50 5.45 0.00 5
6 Nana TAKEDA JPN 96.03 51.31 44.72 5.80 5.20 5.70 5.65 5.60 0.00 7
7 Elena GLEBOVA EST 94.33 50.65 43.68 5.55 5.30 5.55 5.50 5.40 0.00 6
8 Lesley HAWKER CAN 89.59 46.67 43.92 5.70 5.20 5.40 5.55 5.60 1.00 4
9 Laura LEPISTO FIN 88.51 42.55 46.96 6.00 5.80 5.65 6.05 5.85 1.00 12
10 Cynthia PHANEUF CAN 83.15 42.67 42.48 5.55 5.00 5.20 5.30 5.50 2.00 3
11 Idora HEGEL CRO 79.94 43.66 37.28 5.15 4.25 4.60 4.80 4.50 1.00 1
12 Alisa DREI FIN 78.94 39.58 39.36 5.30 4.65 4.80 5.00 4.85 0.00 2文字色

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

メリッサさん…
スケートカナダの最中、ジョニーの仲良しのメリッサさんが、グレゴリーさんとのリフトの最中に強く転倒して病院に搬送。バイタルサインは安定しているそう。

American Gregory injured in terrible fall


スケートカナダの結果を確認しようとしたら、びっくり…

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

GPS2007「スケートカナダ」SP結果
ジュベールさんが男子トップ、4T-2T、3A、3Lz。女子トップのローラ・レピストさんは、3T-3Tを含む全てのジャンプを成功させプライベートベスト。

エントリー&リザルトページ

放映予定関連エントリー

◆男子SP

1 Brian JOUBERT FRA 78.05 40.70 37.35 7.75 7.10 7.55 7.45 7.50 0.00 #12
2 Yannick PONSERO FRA 67.09 35.44 31.65 6.65 6.00 6.25 6.35 6.40 0.00 #9
3 Jeffrey BUTTLE CAN 66.85 32.60 35.25 7.15 6.85 6.85 7.20 7.20 1.00 #10

4 Christopher MABEE CAN 66.50 37.00 30.50 6.35 5.80 6.05 6.10 6.20 1.00 #8
5 Kevin VAN DER PERREN BEL 66.11 35.96 31.15 6.50 5.95 6.15 6.30 6.25 1.00 #11
6 Vaughn CHIPEUR CAN 65.65 37.20 28.45 6.00 5.55 5.75 5.60 5.55 0.00 #1
7 Pavel KASKA CZE 57.43 31.48 25.95 5.50 5.00 5.20 5.10 5.15 0.00 #7
8 Scott SMITH USA 56.09 29.34 27.75 5.70 5.35 5.50 5.55 5.65 1.00 #4
9 Jamal OTHMAN SUI 51.11 25.76 25.35 5.25 4.95 5.00 5.10 5.05 0.00 #2
10 Jialiang WU CHN 47.51 25.36 24.15 5.25 4.60 4.75 4.90 4.65 2.00 #6
11 Jeremy ABBOTT USA 44.75 19.10 26.65 5.40 5.20 5.15 5.45 5.45 1.00 #5
12 Geoffry VARNER USA 42.45 19.60 23.85 5.25 4.55 4.80 4.75 4.50 1.00 #3

◆女子SP

1 Laura LEPISTO FIN 59.18 34.50 24.68 6.30 5.70 6.35 6.20 6.30 0.00 #7
2 Emily HUGHES USA 58.72 33.80 24.92 6.35 5.80 6.40 6.30 6.30 0.00 #9
3 Mao ASADA JPN 58.08 30.80 27.28 7.20 6.65 6.75 6.75 6.75 0.00 #12

4 Yukari NAKANO JPN 55.94 31.30 25.64 6.70 6.15 6.40 6.35 6.45 1.00 #11
5 Joannie ROCHETTE CAN 55.48 30.00 25.48 6.55 6.00 6.40 6.35 6.55 0.00 #10
6 Nana TAKEDA JPN 52.02 30.02 22.00 5.85 5.15 5.50 5.45 5.55 0.00 #8
7 Elena GLEBOVA EST 51.36 29.76 21.60 5.45 4.75 5.80 5.40 5.60 0.00 #5
8 Ashley WAGNER USA 50.86 28.06 22.80 5.80 5.50 5.90 5.65 5.65 0.00 #6
9 Lesley HAWKER CAN 46.96 26.64 21.32 5.50 4.75 5.60 5.40 5.40 1.00 #3
10 Cynthia PHANEUF CAN 46.02 26.70 20.32 5.35 4.80 5.05 5.10 5.10 1.00 #1
11 Alisa DREI FIN 44.96 25.32 20.64 5.40 4.75 5.05 5.35 5.25 1.00 #4
12 Idora HEGEL CRO 40.38 20.86 19.52 5.20 4.70 4.75 4.95 4.80 0.00 #2

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。