Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007全米選手権(6)SP雑感その1
雑感:~ある懸念~

FSUで、アメリカのESPNで放映されたSPを見た人々の感想を読んだ。ジョニーの方が良かった、という声が多かった。ジャッジが最初からエヴァン君を勝たせたかったように見えた、と書いている人も。実際はどうかわからないが、視聴者にそう思わせてしまうのは、アメリカのスケート連盟の落ち度じゃないか。過去に、全米チャンプであるジョニーを無視する扱いをしたために、スケート連盟が「男子フィギュアスケートの看板に相応しい"より男らしい"」エヴァン君を勝たせたがっている、と、前から疑われてきたのだから。

正直、私も、最初にSPの点数を見たとき、微妙な気持ちになった。スコアの僅差ぶりが怪しく見えて。”正直なところ”、だ。フェアな採点の結果であることを願ってる。

以前、ある記事を読んだ。イリーナ・スルツカヤさんについて。トリノの時、女子フィギュアスケートが始まる前、「ロシアが、男女シングル・ペア・アイスダンス全てで金メダルを独占することが快く思われていない」という噂が、まことしやかに記者の間に広まっていたそう。SPで僅差でサーシャ・コーエンさんに負けて2位になったスルツカヤさんは、前回のオリンピック時もSPで良い演技をしたにも関わらずミシェル・クワンさんに負けたこともあり、今回もまた、自分はジャッジにより不当に勝てない、という気持ちになり、それがFSの演技に影響したのでは、と書かれていた(「Number」より。記憶で書いているので曖昧)。

ジョニーの中でも、ジャッジに対する余計な懸念が生まれていないといいけれど。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。