Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007全米選手権(8)SPの雑感その3
雑感:~嬉しいことと心配なこと~

そして、さらに率直な感想を。私は、SPを観て、ジョニーのことを尊敬した。ジョニーの去年の、最後の演技を覚えている?GPF、転倒したりダブったりして、点数は60点台にまで落ち込んだ。フリーは滑れすらしなかった。それが、全米4連覇がかかる、大きなプレッシャーの中で、エヴァン君が良い演技をした後に、クリーンな演技ができた。しかも、間違いなく、今季で一番できが良かった。そこまで持ってこられる力を喜んだ。大本番のワールドまでは、あと二ヶ月。きちんと練習を重ねていけば、もっと伸びるかも、良くなっていくかも。とりあえず、まだTESの点数は伸ばせそうだ。

もちろん、懸念はある。それは、やっぱりPCSの低さ。

過去のシーズンで使っていたプログラムでは、ジョニーは高いPCSを出していた。それが今季は一貫して伸び悩んでいる。ノーミス演技をしても、PCSが出なければ表彰台は厳しくなる。上を狙うなら、SPはノーミスなら80点越えはしたいところで、そのためにはPCSは37、8点は必要だ。PCSが伸びないのは、プログラムの問題なのか、ジョニーの問題なのか。プログラムの問題だとしたら、どうすればいいのだろう??

試合を見ていると、PCSは、基礎的な選手の格付け点数+その時の演技の出来による加減+アルファ、といった形で出ている様子で、どうすればPCSが出やすくなるのだろう。たとえば、今、SPをスワンに戻したところ、PCSで38点が出るならば、プログラムに問題があるのだ、と言えるだろうが。段々とジョニーはSPをものにしていっているが、それでも、このプログラムはジョニーに合わないのだろうか?
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。