Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007世界フィギュアスケート選手権(2)3月18日公開練習~ジョニー~
練習時間は6人1組40分。国別に行われました。

私は、アイスダンスと男子シングルだけ見て帰宅。2時間しか眠ってない中、6時ちょい過ぎくらいには見にいっていたので、男子シングルの練習が始まる頃には、もう眠気ピークで意識が飛んでいた・・・(やばい)。

会場内は温かく、セーター+コートがあれば十分でした。練習とはいえ、会場内は混んでいて、女子の練習が始まる頃には、1階は満席で2階も解放されて賑わっていました。

以下、練習のメモです。また、明日、見てきたら、UPしますジャンプの種類が間違っていたらごめんなさい><

◆ジョニー・ウィアー

ジョニーは、12時半から13時10分の組に登場。

まず細さにびっくり。腕もウェストも首も細くて、全米の時よりもさらに痩せた?生だから?

練習最初は、軽く流してから、ジャンプを何度か跳ぶ。ただ、ダブルジャンプが多く、トリプルジャンプも体が開いていたように見えて、ここまではジャンプの調子が戻っていないのかと心配に。でも、その後は、3A-3T、3A、3lz-3T-2lo(?)などを決めていく。

曲がけ練習はFSの「チャイルド・オブ・ナザレ」。冒頭の3A-3T決まる。次は4Tの予定だが2Tにして流す。その後入れたジャンプは、3lz-2T、1A、3F-2T、3S。1Aになった3Aが気になった(最初から流すつもりで1Aにしたのではなく、3Aにいこうとして止めたように見えたので)。今季、フリーは、ジャンプのすっぽ抜けが続いてきているので心配に。杞憂ならいいけれど。

また、練習していたストレートラインステップでは、試合では見せていない振り付けが入っていた。

ちなみに、友人の話しではGPSでは、ずっと流してただ滑っているだけの時間が多かったそうで、ずっと濃い練習をしていたとのこと。というわけで、「ジョニー、やる気あるんだね!!」という結論に(・・・見に行ってらっしゃった方、どうでした?)。

それから、やっぱり、私はジョニーの滑りが好きなのだなぁ、と、再認識した。あの体の動かし方や雰囲気が、ただただ好きなんだなぁ、と。もうジャンプなんてどうでもいいよ(よくないんだけど、動いているのを見られれば満足してしまうお手軽さ笑)。
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。