Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007世界フィギュアスケート選手権(4)3月19日公開練習
今日も練習を見てきました。まとめる力が残っていないので、だらだら書いてますジョニー情報だけ見たい人はオレンジ文字だけおってね。他の選手は青字です。明日、もう少し情報追加します。(←時間無くて、ちょっと無理でした。ワールド後に、時間を作って、エントリーします。3/20訂正)

今日も6時には行ったのですが、午後にはもう眠かった。今日は女子シングル、男子シングル、ペアの順であったのですが、男子まで見て帰りました。

練習を見に行くの今回が初めてで、そして、反省がいっぱい

最大の反省:睡眠は良く取ろう。

二日間、全てを見るなんて、無理っす・・・><

あと、ジャンプの予習はしていこう

全然、予習していかなかったら見分けがあやふやで、焦りまくり。上位選手のプログラムのジャンプ構成と、苦手なジャンプ、得意なジャンプを知っておくと良さそう。

それに・・・

・あちこちに選手が居て、どこを見れば良いのかわからない!
・足下がテレビカメラで見えない!
・見えていても、遠い場所だと、やっぱり足下が見えない!
・その上、なぜか目を離したすきに選手が大技をしまくり!

このような試練が・・・しくしく。

さらに、あっさり跳ばれるとクワドなんだかトリプルなんだかわからない!(昨日、ジョニー、4T跳んでいたらしい。ジョニーがクワドなんて!と、脳みそがトリプル扱いしてたのかしら・・・←私の脳みそ、酷い先入観がインプットされているらしい・・・しくしく。跳ぶときはサクっと跳ぶんだね)ジュベールさんやランビエールさんは、どっしーんと跳ぶのでわかりやすい。

そして、おおお恐ろしいことに、時間が経つと、最初に見た演技を全て忘れる・・・

こんな素敵な演技、忘れないわ☆

と、思っていても、次の選手が演技をすると、あーら不思議☆

おおお恐ろしい><

メモ、絶対必要・・・。

しかも、こんな素敵な演技、忘れないわ☆と今日は、思った回数が多かったのか、見直したらメモが少なくて撃沈

たとえば、サンデュさんは4-3を決めていたのだが、4-3-2もあったかどうかあやふや。メモをしていないから覚えてない。何せ、メモっているのが「ブレードカバーがうさぎさんでかわいい」の一行。

あほかーー!!(もふもふ生地のうさぎさんだったんだよ)

プレオベールさんも4Tを沢山決めていた気がするが、メモってあるのが、「SPおもしろくてかわいい。笑えた。恋しそう」

役にたたねーーー!!(昨日、あんなにけなしていたくせに・・・)



好きな選手を40分はずっと見ていられるから、行ける人は行った方がいいかも。公開料1日3千円は高かったけれど・・・。

さて、今日のジョニーさんですが、12時55分から13:35分の組に登場して、4Sや4Tに挑戦。特に4Sは何度も挑戦しようとしていた。単独3A、3A-3Tは昨日よりも安定していたように感じた。曲がけ練習はFSのナザレ。3A-3Tはシーケンス、3T(4Tをしようとして止めた様子)、3lz-3T、3A、3F-2T、3S。

そして、練習していたストレートラインステップは、また、昨日とちょっと振り付けが違った(どれが本当なんだ・・・)。

ジョニーの表情自体も含めた全体的な印象としては、昨日より良さそうに感じた。実は、昨日は、顔色が悪くて表情も暗く感じられて不安だった(でも、ジョニーの練習を他に一度も見たことなかったので、それが練習中では普通のジョニーなのかわからなかった)。


その他の選手、ざっと。

ランビエールさんは、単独4T、4T-2T、4T-3Tなどを決めていた。ジュベールさんは、すごく調子が良いらしく、ガッツポーズやらにこにこ笑顔やら。クワドもクワドコンボも決めまくっていたような記憶(なにせ、見ていて成功が多くて「こんな素敵な演技、忘れないわ☆」と思ったのか、成功が多すぎて飽きたのか、ノートに何もメモってないよ!見直したら。自信まんまーん、という感じだった)。高橋さんは4Tを決め4Fも挑戦(両足着氷)、織田さんは4lz(転倒)を今日も挑戦。番外で安藤さんも4Sをがんばっていた(失敗していたが、一度だけ惜しいものがあった)。

曲かけ練習は、ジャンプをかなり入れて通す選手が多かった。特に、バトルさんはステップ・スピンにジャンプも8回全て通しでやっており見応えがあった(3Tになっていた箇所、本番では4Tを入れたい様子だった)。サンデュさんもジャンプを全て入れていて冒頭は4-3成功していたが、3A二回がいずれも1Aに。エヴァン君は、振り付けをところどころ流しつつ、ジャンプは全て入れてカルメンを練習(4Tと3Aは転倒)。例のカルメンの曲が鳴ると、客から手拍子。カルメンは誰もが知っている曲で、どこで手拍子をすればいいか非常にわかりやすく、観客から手拍子をもらいやすい曲なのだとすごく感じた。私もしたくないけど、気を抜くとしちゃいそうだったもの(ぺろり)選手にアドバンテージのある曲なんだね
(逆にジョニーの曲は、したくても手拍子できない。こういう点も、問題かも、と思った)
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。