Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008全米選手権(9)プロトコル&写真
全試合が終了し、プロトコルがアップされました。

男子プロトコル

ジョニー、SPはやっぱり、当初の予定通りのレベルを取っています。SPはスピンが全てレベル4、ステップは2つともレベル3。FSでは、スピンが4つ中3つがレベル4、ステップは2つともレベル3。

ジョニーはステップは元からレベル3狙い。エヴァン君がSPもFSもレベル4狙いなので、元々の構成上、上限に差が付いてしまいます。また、エヴァン君が前半にジャンプ4回、ボーナス点の付く後半にジャンプ4回に対して、ジョニーはジャンプを前半に5つ固めて、後半はジャンプ3回。どちらもいい演技をして接戦となったとき、こういった構成の差が響いてきます。コンボに関しては、ジョニーも3回入れる予定のはずです(最後のジャンプに2Tが付くのだと思います)。

そのためTESでは、下回っても仕方ないんです。今季は今までできなかった、ジャンプパスを8回使い切り、レベルで取りこぼしを防ぎ、クリーンな演技をすることが目標で(最終的にはクワドと3回のコンボをクリーンに決めて)、構成的に最上のものを目指していたわけじゃない。まずは昨シーズンからの復活と前進が必要でした。来シーズンに繋げる前振りの段階でしょう。

それでも、ワールドに間に合わせるために、何とかなるものなら何とかして欲しいのですが。おそらくジョニーの成長は、当初、ズミエフスカヤさんが予想していたよりも激しかったのではないでしょうか。もっと上の構成を今季の最終的な目標にしていてもよかったくらいに、ジョニーが成長しました。今のプログラムだと、上限が必然的にあるので、ジョニーの成長に今や追いついていけていないと思います。天井をもっと高くしないと、せっかく伸びようとしても頭がつっかえてしまう。後もう少し、クワドをクリーンに決めれば、とか、コンボ3回入れば、ということでなく、プログラムの上限を引き上げられないものかと思います。

嬉しいことは、PCSで、ジョニーの方が点が高いこと!!!エヴァン君が78.72点に対して、ジョニーは79.14点です。わずかの差ですが、PCSは格付け的意味が入ってくるので、これは大きい。SPでPCSが負けていたのに、FSで勝ったというのは、ジャッジの判断が変化したことを意味しています。

今回わかったことは、ジョニーはやればできる!

ということ。

自信を付けて欲しい。

ジョニーは、もっと上に行けます。

だから、今のジョニーには、ここで挫けず、前へと進んでいく気持ちが一番大事です。

◆写真

GettyImages
Yahoo!
表彰台の写真などが載っています。
icenetwork
バックステージの写真で、結果が出た後、ジョニーがソファに寝ころび、ズミエフスカヤさんがそっと手を撫でている姿とか、FSの後での泣きそうな顔とか、言葉にできません。

記事などはどんどん出てくると思うのですが、後で追記していきます。別エントリーにするかも。とりあえず、私も休みます!

最後に!

ジョニーを誇りに思います!!!!!

彼は、中国杯のFSでも、全米での滑走順でも、私のネガティブな心配や不安を超えていってくれました。ジョニーはかっこいいです。
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。