Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全力で祈ります!
ジョニーのツイッターで、新しい振り付け師が、デヴィッド・ウィルソンさんという話しが出ていました。

Getting really excited for the premiere and to start the programs in Toronto with Diva David. Today was a good day. Japan consulate 9am.

祈ります!

フリーの振り付けがウィルソンさんとは言明されていませんが、フリーの振り付けと祈ります!!

全力で祈る!!!

実は、ニーナさんだったら絶望だと、シーズン始まる前から落ち込んでいました;

それに、他にも思う事があり、ジョニーの応援を続ける意味はないんじゃないかと思えいてた、この一ヶ月・・・。

1つは、過去、ジョニーを見てきた感じだと、ジョニーは人気が出ると調子に乗ってしまい、応援によって練習に身を入れるような人に見えない為(練習に身を入れて欲しいから応援していても、逆効果になるならしない方がマシなのでは、と^^;)。

もう1つは自分がジョニーに求めている事と、ジョニーがやりたい事とが異なるなら、応援と言いながら、自分の欲望の押し付けになるかと思えたので。私自身は結局、ジョニーに試合で勝って欲しい、と勝利を求めてしまいます。そして、ジョニーに勝つ為の努力を求めてしまう。でも、ジョニー自身は勝利に貪欲に拘る人には見えません。となると、ジョニーに勝って欲しいからする応援というのは、自分の勝手な欲望を押し付けるだけではと思ったのです。

ジョニーを応援するようになったのは、トリノのSPに感動した為、感動へのお礼、「ありがとう!」という気持ちでした。見返りは求めていないつもりだったけれど、いつの間にか、「勝利」とか「勝利に向けた努力」といった、見返りを求めてしまっていました。「ジョニーが(できれば、いい演技をして)勝つ姿を見たい」という、自分の欲望を満たして欲しいと思ってしまっていたんです--;

でも、ジョニーは何が何でも勝ちたい!という選手ではないから・・・。

この煩悶?を自覚したのは韓国ショーです。オリンピックシーズンを前に、いくらオフシーズンとはいえ、決して良くはない演技を韓国ショーで見て、強いショックを受けました。正直言うと、今のジョニーでは絶対にパトリック・チャンさんには勝てないと思いました。スケーティングもジャンプも勢いもスピードも、何もかも、チャンさんに劣っていました。勝っていたのは、人気とエロさだけ・・・。でも、人気やエロさで試合は勝てません。リッポンさんもアボットさんも、それぞれ成長を感じさせる演技で、それらと比較すると、絶望感で目眩がしました;;

目眩の中で、私はジョニーに勝って欲しい、と、ものすっごく、強い欲望を持っていたんだと自覚しました--;遅っ

身勝手な欲望は捨てよう!と、思ったりもしたんですが、ウィルソンさん振り付けと聞いたら、期待してきてしまって・・・

ジョニーが勝利への欲望を、持っている事を、期待しちゃうのです。

過去のツイッターの投稿からはやる気を感じなかったんですが(ツイッター始めている事自体に呆れていました・・・)。もしかして、やる気、あるのかな・・・・・・・
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。