Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝つためには、なにが必要か?
FSの構成について、プロトコルを見ながら基礎点を算出してみました。勝つために、何が必要なのか、基本にかえって考えてみます。

◆ジャンプ構成

実際に跳んだジャンプが無茶苦茶すぎて、何度見てもわからないが(笑)、予定されていたジャンプ構成を強引に想像。

想像その1(主にジョニーが跳んだジャンプからの想像)

3A-3T 11.50 
4T-3T 13.00
3Lz 6.00
3Lox 5.50
2Ax 3.63
3Ax 8.25
3F-2Tx 7.48
3Sx 4.95

基礎点60.31点


想像その2(主にカナダ放送の解説からの想像)

3F-3T 10.50
4T-3T 13.00
3Lz 6.00
3Lox 5.50
3A-2Tx 9.68
3Ax 8.25
2Ax 3.63
3Sx 4.95

基礎点61.51点


3回コンビネーションを入れて11回跳ぶ構成を基本に想像。コンボを2回に抑えた構成(冒頭が3Aで、2回目の3Aが3Tのコンボ、3Fは単独とか)や、クワド抜き構成や単独クワド入り構成の可能性もあるが、計算し出すときりがない理数系の人だと計算も楽しいだろうが、明らかに文系のジョニーには、きつそうジャンプを1度失敗すると、その後にどういう構成にすればいいか、むっちゃくちゃ混乱するとみた(だから本番で構成を変えちゃダメだよ、ジョニーは)。

とりあえず、ジャンプで最も大事なのは、ダブルやシングルにならないこと。ジャンプがトリプルからダブルやシングルになると各4点~7点、あっさり失ってしまう(今回のように)。

◆スピン・ステップ

スピンはレベル4を取りたい。回転数などで取りこぼすことがあるので、確実に。キャンベルでも、スピンのスピードが遅かったが、要求される最低限のポジションや回転数を確保するためだろう(スピン中、回転数を数えながら回っていたはず)。レベルが1になるか4になるかで、各1.3点~1.5点異なる。さらに質がよければ加点が狙える。

目標レベル
FSSp4 3.0
FSSp4 3.0
CoSp4 3.0
CCoSp4 3.5


ステップはレベル4を取るのは非常に難しいため、レベル3が目標。

目標レベル
ClSt3 3.1
SlSt3 3.1


以上を全てクリアすると、GOE加減無しでTES79.1点、あるいは80.21点。PCSはスケカナFSの72.10点を下回るとは考え辛いので、最低でも合計151.1点、あるいは152.3点

そして、ランビエールさんとジュベールさんのカルガリーワールドのFSスコアは以下。

ランビエール(1位):156.58(TES78.70、PCS77.88)
ジュベール(2位):156.47(TES79.99、PCS76.48


これくらいの点数が優勝するには必要。

つまり、ワールドで勝つには、ジョニーは技術的にはほぼノーミス演技が求められる。もちろん、クワド抜きでもほぼノーミスなら150点越えは可能だが、それだと、ワールドではクワド持ちの他選手の失敗を待たないと優勝できない。勝つためには、決められた技術的なルーチンを確実にこなすこと、この、物凄く当たり前のことが、何よりも大事ということだ。

さて、ここでショッキング?な事実を1つ。カルガリーワールドの時よりも、スケカナ、点数が低かった。病気で肉体的にボロボロだった時よりも、内容が悪かったスケカナFS。

カルガリーワールド:128.66(TES58.88、PCS72.28)
スケートカナダ:122.42(TES50.32、PCS72.10)


これを見れば、精神面のケアが不要とは思えない。まさか、棄権を考えるほど酷い状態だったワールドの時よりも体調が悪かった、ということはないよね?スケカナFSの失敗は、間違いなく精神的な問題では?

カナダという場所や、最終滑走の不安や緊張、プレッシャー、それ以外では新採点へのフラストレーションや、プライベートでは失恋etc。複数の要因が考えられるが、今後、大舞台で重ならないとは限らない(全部、被る最悪の可能性だってある)。専門家の元で、メンタルトレーニングを受け、本番でスケートに集中するための科学的論理的技法を身に付けるべきだと思う。

以上のまとめ

・まず、ルーチン通りに動くこと
・メンタルトレーニングを受けること


スケーティングの質の向上とか、トランジッションの強化とか、今のジョニーに必要なのは、そういうPCS的なレベルではない、と、プロトコルチェックをして、思ったのでした。


そして、最後に叫びたい!

私、何で赤の他人について、こんなに考えているんだろう(笑)。プロトコルチェックしてルールチェックして、点数計算したり、スポーツ選手の体調管理や栄養管理についても調べておこう、とか、アニシナさんやプリシラさんやパティさんにもお手紙出す準備とか(笑)何で、こんなに、赤の他人の勝利のために、あれこれ考えているんだろう(笑)私、ふっつーに、プライベート、むっちゃくちゃ忙しいのに。

でも、ジョニーが表彰台のトップに立つにはどうすればいいの??

と、時間がちょっとでも空くと考えてしまう。

罪なヤツだなぁ!赤の他人のくせに~~!!!

一回、殴りたい!!!

こちらが勝手にやっていることだから八つ当たり(笑)。でも、歯がゆい。もしもジョニーが友人だったら、心理学や社会学の本を数十冊持ち込んで口八丁手八丁で説得して、それでも納得しないなら縄で縛って、知り合いの学者に頼み込んで運び入れて、無理やり催眠療法施させるんだけれど!(笑)

どうしてこう、応援していて不安になるような選手のファンになっちゃったのかこうして、ずうーっと、役に立つかもわからないようなこと考えて、ファンってバカ(笑)そういうことを人にさせてしまうジョニーの力に感服です。
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/10 (金) 21:05:35 | | #[ 編集]
そう、そうなんです!!本当に罪なジョニー。今のジョニーに、必要な事は,無心になる事。三回の全米チャンピオンの称号なんか、かなぐり捨てて、もう一度、みんなの前で滑れる喜びを思い起こしてほしい。2003年、全米の棄権で、どれだけ、叩かれた失意の日々。毎日子供達にスケートを教えながら,コーチ代,リンク代を工面し、コンペに出たくてもエントリーされない焦りの中から、生まれたドクトルジバコ。この曲を踊るジョニーは、なんと、喜びに満ちていたか、鮮明に覚えています。
どんな科学的練習や、メンタルトレーニングを積んでも、最後は、自分との戦いに尽きます。だから、ジョニーよ、勝つ事よりも負けない事を。ファイターになれ!と叫びたい。
2006/11/10 (金) 21:53:07 | URL | るな #-[ 編集]
rinoさん
そう、その通りです!
いつも明確な分析ありがとうございます。
はじめまして。私もトリノの白鳥でジョニーに魅せられそれからズーッと追いかけております。スポーツ選手を応援するということはハラハラ、ドキドキ、ほんとうに心臓に悪いですね。もっと強い選手のファンになれば良かった(笑)。
でも、あの繊細な独特の雰囲気にはまってしまったのです。ジョニーにしか出せないものが…。ロシアではキスクラで歓喜するジョニーを是非、是非見たいです。これからもよろしくお願いします。
2006/11/10 (金) 23:40:53 | URL | くみ #-[ 編集]
お疲れさまです。
ジャンプ構成、私もこの間から一生懸命考えてたんですけど(笑)、4T×1構成だとジャンプ点はだいたい60点くらいになるみたいですね。大ちゃんもこのくらいの点数を狙ってると思います。
ザヤックを防ぎ、競技中に混乱しないためには、とにかく構成を変えないこと。そして、4Tをとっさに3Tにしてはならない。ジョニーはセカンドジャンプが必ず3Tなので、もっとも混乱を招くことになってしまいます。今回も、2番目に単独の3Tを跳んでしまったのが運命の分かれ道だったと思っています。
回転不足で3Tになったのならザヤックには当たらないので、転けようが何しようがとにかく4回回ろうとすることが大事です。さらに、回転不足で3Tになるよりも、バトルくんのように4回転してから転けるほうが点数が高いので、場合によっては転倒もアリ、なんです。バトルくんが果敢にクワドにチャレンジできるのは、減点を最小限に抑え、構成を混乱させないやり方を知っているからだと思います。
ですから4Tにチャレンジするときは、なるべくきれいに着氷しようというスケーターの本能を捨てることが大事です。転倒したくなければ、いっそのこと2Tに抑えなくては。

これだけでも頭に叩き込んでおけば、全然違ってくると思うんですよね。ジョニーくんみたいな人は下手な心理学者にかかると逆効果のことがあるので、私はそっちはアニシナさん任せでもいいような気がしています(笑)。

ところで、4-3コンボは4Tを2回入れるのでなければほぼ意味のないコンボです。セカンドジャンプはどこにつけても同じ点数ですから。
ではジョニーはクワドを2回跳ぶつもりなのでしょうか…?大丈夫かしら。

ああ、私もこんな夜中になにを考えているんだろう(笑)。明日は休みとはいえ、3時間もすれば子供が起きてしまうのに。
ジョニーって、ほんとに皆から愛されていますよね。彼に辛口の人もたくさんいますけど、その半分くらいは彼が好きだから言うのだと思います。
2006/11/11 (土) 04:18:16 | URL | jam #qDfdtOiE[ 編集]
>2006/11/10 (金) 21:05:35さん

ジョニーを応援していると、ルール勉強したり、英語も勉強したりと、こちらも知識が増えて面白いですね!お互い、がんばりましょう~♪

>るなさん
>もう一度、みんなの前で滑れる喜びを思い起こしてほしい
>この曲を踊るジョニーは、なんと、喜びに満ちていたか、鮮明に覚えています。


動画でしか見ていないのですが、文章を読んでいて、目の前に演技する姿が浮かび上がってくるようでした。改めて、感動的な演技ですね。ジョニーには心の底に芯の強さがあると信じられます。

04年の全米フリーは最終滑走だったのでしたっけ?落ち着いた状態で滑れたそうで。この03-04の復活、成功パターンとして、大きく参考になると思います。あの時、練習でどういうことをしていたのか、どういう気持ちでいたのか、活かせるといいですよね。

>くみさん
>私もトリノの白鳥でジョニーに魅せられ

ということは、同じ時間にe-266ぽわーんe-266となっていた仲間ですね!(笑)あの時、見終わった後、今の演技は幻か目の錯覚だったのかな?と、呆然としていました(笑)。

本当に独特の雰囲気がありますよね。しかし、あの時には、まさか、こんなにも不安定な選手とは夢にも思わず(><;)共に一喜一憂ですね;;これからもよろしくお願いします^^

>jamさん

お互い、お疲れ様です(笑)
ジャンプ構成、非常に戦略的に練ることが必要なのだ、と自分でも計算していてつくづく思いました。同じジャンプを跳ぶにしろ、どこで跳ぶか、コンボをどういう組み合わせにするか、選手の体力や得意な技を考えて効率的に入れるには、とか、パターンが幾つも考えられて。GOE加点狙いで、ジャンプを抑えるとかも考えられて、面白いですね~。はまりそうですe-267

>単独の3Tを跳んでしまった

ここ、やっぱり、4Tを跳ぶ気だったのでしょうか。冒頭で、3Aがコンボでなかったのも、かなり気になりました。あそこは単独で考えていたのか、次に繋がらなかっただけなのか。そもそも3A自体がミスだったのか。

>4-3コンボは4Tを2回入れるのでなければほぼ意味のないコンボです。セカンドジャンプはどこにつけても同じ点数ですから。
ではジョニーはクワドを2回跳ぶつもりなのでしょうか…?大丈夫かしら。


そうなんです!普通、単独クワド構成か、単独+コンボ構成ですよね。クワドコンボのみ入れた人もいたにはいたけれど、戦略的に意味が無い。するとまた、元のジャンプ構成はどうだったのか。ジャンプ構成案は、クワド抜き・単独クワド・単独+コンボと、3パターンは用意されていると思うのですが、その構成内容によっては、覚えるだけでも大変なのだろうか・・・?と思ったり・・・。

>ジョニーくんみたいな人は下手な心理学者にかかると逆効果のことがあるので、私はそっちはアニシナさん任せでもいいような気がしています(笑)。

アニシナさん、希望の星ですよね(笑)。心理学者は仰るとおりピンキリで、逆効果になることもあるのですが、優秀な人は非常に優秀なので、紹介してあげたいです。
2006/11/11 (土) 19:56:16 | URL | rino #mQop/nM.[ 編集]
何度もすみません
夜中にコメントなど書くものではないと自分の長文を読んで反省してました。(^^;;
さらにまたまたお邪魔してすみません。

>面白いですね~。はまりそうです
ほんと、パズルみたいな面白さがあって、私もはまりそうです(笑)

最初の3Aはほんとに謎ですね。
大ちゃんが調子良さそうでしたから、ジョニーも4Tを入れるつもりでいたところが、思わぬ低得点争いになり、迷ってドボンした可能性が高いと思います。
アクセル得意なので後半に3Aコンボですごい得点を稼ぐという手も考えられますが…。

>優秀な人は非常に優秀なので、紹介してあげたいです。
ほんと、紹介してあげてほしい!私が心配なのは、彼の周囲の人たちが「下手な心理学者」を連れてくることなので……(^^;; 
2006/11/12 (日) 00:15:35 | URL | jam #qDfdtOiE[ 編集]
私、まだ一度もジョニーのクワドなどを見たことがありません…。
ロシアカップでは見せてくれるのでしょうか…。
男子はステファンやエバンが表彰台にたっているし、中国杯では今のところエバンが③位以内に入ってるし…ジョニーのファイナル行きが危うい気が。
サンデュも④位についててどうなるか分からない。
まだ戦ってないジュベールもいる。
織田クンも高橋クンもいる。
ジョニーにはどのシーズンでも厳しいことになるんですね…。
2006/11/12 (日) 13:19:02 | URL | Satomi #-[ 編集]
お疲れ様です!
忙しい中、ホントお疲れ様です・・・
私も少し考えたけれど、うーん、どうも数字は苦手です・・・^^;それと同時に気持ちが下降気味になってしまった・・・ファンをそんな気持ちにさせてしまう、ジョニーって・・・ホント罪なやつですねぇ~v-8
二度目のインタブ中(私たちのね!)あの人の話を聞くときの目つきを隣で見ていてかなりドキドキしてました☆、後から聞くと、彼の魅力について聞かれたとき、「ラジックだから」と答えたら、爆笑されてました。何か変な意味なの?今度教えてくださいね。私はそんなときでさえ、手袋・腰巻をサワサワしてたから良くわからなかったんだけど・・・(笑)
でもね、そのとき以外の笑顔は会心ではありませんでしたよ。。。
アニ・プリさんに向けて頑張ってー!
rinoさんー!!!
2006/11/13 (月) 15:18:56 | URL | chaco #57/sxb6I[ 編集]
同感!
まず管理人さんの情熱や知識に感服!それからそうさせてしまうジョニーの力に感服というところに同感です!
なんにもできないけど、なんでもしてあげたいというファンの心を管理人さんほど昇華させられない自分の無能さには嘆かわしいばかり!
あっ、はじめまして!はじめてのコメントがこんなものですみません。これからヨロシクお願いします。
2006/11/13 (月) 21:08:02 | URL | monica #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フラストレーションフラストレーション (''frustration'') とは、欲求が何らかの障害によって阻止され、満足されない状態にあること。また、その結果生じる不快な緊張や不安、不満。欲求不満、欲求阻止、要求不満、要求阻止などと訳される。.wikilis{font-size:10px;color
2007/10/01(月) 09:05:27 | 心理学ってすごい?
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。