Johnny Weir Fan Blog
フィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー(ジョニー・ウェア)選手と、プロとなった荒川静香さんの情報を取り上げるファンブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006GPS「ロシア大会(ロシア杯)」(1)
今日のFS、用があってリアルタイムで地上派を見られないので、その前に結果だけ確認した。なので、ネタバレになる方は注意。





***********************





実際のFS演技をまだ見ていないので、明確に言えることがないのだが、これは「何か」あるんだろうなぁ、と。昨日、SPを見た後に違和感があって、それと関係しているのだろうか(違和感の正体が何か考えていて、SP感想をUPできなかった)。

SP、作品としてのまとまりは、スケカナよりも良かったと思う。かなり緊迫感のある動きが出きていて、表現したいものが見えてきたと感じた。ただ、もしもFSもこの緊迫感を必要とするのなら、4分30秒、ジョニーは持つだろうか、と疑問が浮かんだんだよね。SPが、スケカナよりも緊迫感と力強さを増していた分、余計に、今までの演技の路線と違った方向なのがはっきりとわかった。ジョニーが得意とする流れのあるスケートを、あえてブツブツと切る振り付けと動き。

表現力を磨くために、新しいチャレンジをすることは有用だし、スケカナとロシア杯のSPを見れば、プログラムを自分のものにしつつあるのが見える。大枠としての動きや感情の表現が、より攻撃的になっていて、これが、SPの目指す方向なのかな、と。昨シーズンの優美な「スワン」とは、ここにきて、本当に全然違う演技になっていて(キャンベルの時はまだ優雅さを残していたと思うんだよね)、新しいものを身に付けつつある、というのは、ジョニーの持つ可能性であり技量だと思った。一方で、元々、力強い演技をするジュベールさんと比べると、路線としてのアドバンテージの無さも浮かびあがっていて、今後、どう磨いていくのかが大事だとも思ったけれど。とにかく、全体としては、前に進んでいたと思う。

でも、FSの4分30秒、この新しい方向性で持たせるには長いかも、と、思ったんだよね。SPは短いし、技も限られているからテンションが持っても。というのも、長年こなしてきた動きのタイプ自体を大きく変化させた上で、技を入れていく、というのは、傍から見るよりも遥かにハードな作業かもしれないと思ったのだ。動きをこなすだけで大変で、技へと入るタイミングが取れなかったり、集中力やパワーを削られるのかも?と。それに、動きだけでなく、リンクの上で表情を出していく演技、というのも、昨シーズンからの大きな変化。

この二つの変化、ジャンプ・スピン・ステップなどの技を入れる以前に、エネルギーを凄く消耗しているかもしれない。精神的な負担があると、体力は普段よりも消耗するものだが、スケカナで4分30秒を待たずに体力切れしていたのは、こういったことが背景にあるのかも。となると、まず二つの大きな変化をナチュラルなレベルまで身につけないと、技は揃わないのでは、と感じたのだ。

考えてみれば、1度作り上げた自分のスタイルを壊して、競技会で勝てるレベルまで新しく作る、というのは、今までの演技がある上にプラスアルファを乗っけていく「改良」ではなく、「革命」なんだよね。それじゃ、一筋縄じゃいかないや。

とにかく練習と経験が必要そう。3月のワールドまでに間に合えばいいのだが、その前に1月の全米選手権。ここで3位までに入らないと、ワールドに出場できない。この全米、間に合うのかな。SPを見て、FSの結果を知って、ちょっと疑問に思えてきた。


でも、FSの演技を、まずは見てみないと、ね。


結果
Result 

Name Nat. Points SP FS
1 Brian JOUBERT FRA  237.83 1 1
2 Johnny WEIR USA 196.28 2 5
3 Ilia KLIMKIN RUS  187.45 4 6
4 Tomas VERNER CZE  186.50 6 3
5 Emanuel SANDHU CAN  185.45 3 8

SP
Pl. Name  Nation TSS  TES  PCS  SS TR PE CH IN Deduction StN.
1 Brian JOUBERT FRA 77.70 41.50 36.20 7.50 6.75 7.35 7.30 7.30 0.00 #8
2 Johnny WEIR USA 75.10 39.40 35.70 7.25 6.70 7.20 7.30 7.25 0.00 #5
3 Emanuel SANDHU CAN 71.30 37.10 35.20 7.05 6.50 7.15 7.20 7.30 1.00 #2
4 Ilia KLIMKIN  RUS 67.45 34.60 32.85 6.80 6.25 6.55 6.60 6.65 0.00 #12
5 Kristoffer BERNTSSON SWE 67.25 37.10 30.15 6.10 5.75 6.15 6.00 6.15 0.00 #10

FS
Pl. Name Nation TSS  TES  PCS  SS TR PE CH IN Deduction StN.
1 Brian JOUBERT FRA 160.13 82.73 77.40 8.00 7.20 7.95 7.70 7.85 0.00 #12
2 Sergei DOBRIN RUS 123.03 61.93 61.10 6.40 5.75 6.20 5.95 6.25 0.00 #6
3 Tomas VERNER CZE 122.05 57.75 64.30 6.60 6.15 6.45 6.35 6.60 0.00 #10
4 Andrei GRIAZEV RUS 121.43 61.83 60.60 6.40 5.75 5.95 6.20 6.00 1.00 #5
5 Johnny WEIR USA 121.18 49.48 71.70 7.25 6.80 7.10 7.35 7.35 0.00 #7
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/26 (日) 17:10:33 | | #[ 編集]
今日はジョニーだけ見れなくて、ずっと泣いてました…。今も目元が赤いです。

スケカナを見たところ、rinoさんの言う
通りですよね。
「白鳥」の時はすごく綺麗で、流れも
素晴らしくてキラキラしてるみたいでした。

でも今は…「力強さ」を重視しすぎて全く美しさを感じられなかったです。
順位は上がったけれど、ジョニーの
持ち味の「美しさ」「優美さ」が無くなってしまったみたいで残念です…。

それらを残し、それでいて力強かったらいいのに…。
それって私の欲張りなのでしょうか??
悩んでしまいます。
今は受験でそれどころじゃないのに!!
2006/11/26 (日) 19:03:22 | URL | Satomi #-[ 編集]
テレビで演技を見た範囲では、とても好印象でした。後半スピードがガクッと落ちて演技の体をなしていなかったカナダの時よりも遥かに自信に満ちあふれ、良かったです。ジャンプがいくつか2回転になったりして技術点はふるいませんでしたが、ファイブコンポーネンツの得点があのプログラムのよさと魅力を表わしていると思いますよ。

大好きなロシアで大声援とたくさんのプレゼントに囲まれ、プリシラさんとアニシナさんのふたりに支えられ、心強く滑れていたと思います。今大会2位でしたから、まだGPファイナル出場の可能性もあります。

カナダに比べてもかなり良くなっていましたから、2ヶ月後の全米までには、さらに充実させてくると思います。実際の演技を見ていただければわかってもらえると思います。大丈夫ですよ。
2006/11/27 (月) 00:04:01 | URL | 長野のK嬢 #A4q4N68k[ 編集]
rinoさんいつもありがとうございます。
昨日は仕事を終えた後、FPのリザルト観戦。とりあえず一番上にJohnny Weirの名前があるけれど、あまりの点数の低さにショック。後続はまだ5人も。更新されるたびに心臓バクバクでした。なんとか2位にはなったけれど…。改めてテレビ観戦しましたが結果が分かっているので楽に観れました。カナダと同様にキスクラではがっかりした姿を見せれるのかなと思っていたら、いっぱいプレゼントを抱えてアニシナさんの隣で一人ニコニコ顔。ロシアの観客はスケーターにやさしいですね。手拍子や歓声が他の会場より多い気がしました。
ジョニーの優美で流れるような滑りに惚れ込んだファンとして、彼の良さが出る演技が観られる振り付けをアニシナさんにお願いしたいです。とにかくジョニーの滑りが大好きなのです。
2006/11/27 (月) 03:55:00 | URL | くみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/27 (月) 23:50:06 | | #[ 編集]
皆さん、コメントありがとうございます。それぞれ、納得したり、自分も気になっていることだったり。個別にお返事できずにごめんなさい(長野のK嬢さんには、せっかくポジティブな言葉をかけていただいたのに、新エントリーの内容が内容なので、個別にお返事を)

自分なりに考えたことを、新たにエントリーしました。


>長野のK嬢さん

お優しい言葉をかけに、わざわざ来ていたいだいて、ありがとうござます!ただ、残念なことに、感想としては、予想通りでした。このままでは、間に合わない、そう思いました・・・。でも、演技として、好印象があった、というのは、心強い言葉です。どうもありがとうございます!
2006/11/28 (火) 11:57:19 | URL | rino #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Johnny Weir Fan Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。